DX辞書

ITに関する用語をわかりやすく解説した
この「DX辞典」で
専門用語の理解にお役立てください。

  • CBDC

    一般に「中央銀行発行デジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)」とは、次の3つを満たすものであると言われている。
    (1)デジタル化されていること、
    (2)円などの法定通貨建てであること、
    (3)中央銀行の債務として発行されること。

    中央銀行は、誰でも1年365日、1日24時間使える支払決済手段として銀行券を提供していますが、これをデジタル化してはどうかという議論がある。
    多くの主要中央銀行では、新しい情報技術を深く理解する観点から、調査研究や実証実験などの取り組みを行っている。

    中央銀行HP Q&Aより
    ( https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/money/c28.htm/ )

  • デザイン思考

    創造性を経営に反映させる方法論
    デザイナーが新たなものを考えるプロセスをビジネスに転用している。
    イノベーションを創出し多くの人を惹きつける商品やサービスを作り出し事業拡大を図るものとしている。
    デザインシンキングをリードしてきたのはアメリカのデザインコンサル会社IDEO (アイディオ)である。
    デザイン思考は技術中心ではなく人間中心設計(課題発見と解決)としており、デザイン思考の5ステップをスタンフォード大学D.school( https://uxmilk.jp/76806 )より提唱されている。

    デザイン思考の5ステップ
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    1.Empathize:共感
    2.Define:問題定義
    3.Ideate:創造
    4.Prototype:プロトタイプ
    5.Test:テスト
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • SDGs

    SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称である。
    2015年9月の国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標だ。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っている。 SDGsは途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいる。

    外務省:( https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html )より引用

    SDGs:17の目標
    1.貧困をなくそう
    2.飢餓をゼロに
    3.すべての人に健康と福祉を
    4.質の高い教育をみんなに
    5.ジェンダー平等を実現しよう
    6.安全な水とトイレを世界中に
    7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
    8.働きがいも経済成長も
    9.産業と技術革新の基盤をつくろう
    10.人や国の不平等をなくそう
    11.住み続けられるまちづくりを
    12.つくる責任つかう責任
    13.気候変動に具体的な対策を
    14.海の豊かさを守ろう
    15.陸の豊かさも守ろう
    16.平和と公正をすべての人に
    17.パートナーシップで目標を達成しよう